年金証書とはどんなもの?紛失した場合は再発行できるのか?

年金証書とは厚手の紙でできた保険証書のような見た目になっています。通常は、年金の請求手続きをして1~2か月後に届きます。要は年金を受け取ることができる権利書のようなものです。受給者本人の「基礎年金番号」と「年金コード」、年金支給額などが記載されています。

記事を読む

国民年金の振替加算は手続きが必要?手続きしないと支給漏れになる?

振替加算とは加給年金の対象者が65歳に到達してから加算される手当金のようなものです。年金請求手続きの際に、請求書に配偶者の氏名や基礎年金番号を記入し、戸籍謄本や住民票、配偶者の所得証明書を添付していればあらためて手続きする必要はありません。ですが、場合によっては届け出が必要になります。

記事を読む

老齢厚生年金の加給年金って何?もらうための手続きは必要?

加給年金とはザックリ言うと扶養手当みたいなものです。受け取るにはいくつか条件がありますし、いつからいつまで支給されるか等今ひとつわかりにくい制度ですので詳しく解説します。手続きが必要なのかどうかも説明します。

記事を読む

引っ越しした場合は年金の住所変更届が必要?不要?

引っ越しをした場合、色んなところで住所変更の手続きをしなくてはいけません。もちろん、年金の登録住所の変更も必要です。手続き方法はその方の状況によって変わってきます。状況に応じた住所変更手続きの方法について詳しく説明します。

記事を読む

65歳からの年金が増額するのはいつから?請求手続きは必要なの?

結論から申し上げますと、65歳からの年金の受け取りには手続きが必要です。ただし、その方の状況によって手続きの方法が異なります。状況によってどのような手続きが必要になるのかパターン分けして説明したいと思います。

記事を読む

年金受給権者の現況届って提出は不要?出し忘れたらどうなる?

「年金受給権者現況届」とは年金を受け取っている方が健在であることを確認するために送付される書類のことです。実はこの現況届、以前は受給者全員に送付されていましたが、現在送付されるのは一部の方のみです。それは、主に住民票コードが収録されていない方です。

記事を読む

年金定期便が届かない?本来はいつ送られてくる?

ねんきん定期便には、年金の加入記録や保険料の納付実績が記載されています。また、将来の年金給付額についても記載されています。通常は誕生月の2か月前に作成されて、誕生月に送付されます。 ただし、必ず誕生月内に届くわけではなく、年齢によっては翌月にずれこむこともあります。

記事を読む

年金手帳の再交付は郵送でもできる?日数はどのくらいかかる?

年金手帳には名前はもちろんのこと、大切な個人情報である基礎年金番号が載っていますし、場合によっては勤務先履歴なども載っています。公的年金制度に加入していることの証明書になります。紛失した場合は速やかに再交付を依頼しましょう。年金手帳の再交付の依頼方法は被保険者の種別によって異なります。

記事を読む

年金振込通知書はいつ届く?振込みがある時には必ず届く?

年金の支払いは基本的に偶数月に行われます。振り込みがされる少し前に「年金振込通知書」という書類が届くはずだけど届かない。でもご安心ください。年金振込通知書が届かない=振込がされない、ではありません。実はこの「年金振込通知書」、振込がされるからといって毎回送付されるわけではないのです。

記事を読む

平成30年分 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書の書き方

平成30年分の「扶養親族等申告書」は税制改正のため様式が大幅に変更されて書き方が分かりづらいものとなりました。これから提出する方々のために「平成30年分 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の書き方をわかりやすく解説します。

記事を読む