年金額改定通知書とは?改定通知書は毎年送られてくるの?

シェアする

今年は改定通知書はいつごろ届くのかしら?

毎年6月頃じゃなかったか?

じゃあ、もうすぐ届くわね。

たしか振込通知書と一緒に届いていたと思うがな~。

スポンサーリンク

年金額改定通知書とは?

「年金額改定通知書」とは、法律の規定により、物価・賃金の変動に応じて年度ごとに年金額が改定されたときに、改定後の年金額をお知らせするものです。

「加給年金」や「振替加算」が加算されている場合は記載されてきます。

2018年度は送られてくるの?

結論から申し上げると、ほとんどの方には送付されません。

なぜなら、今年度は年金額が据え置きとなったからです。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.nenkin.go.jp/faq/jukyu/kyotsu/gakukaitei/20150401-01.html

ただし、一部の方には送付されます。

どのような方が対象かというと、直近の数年間の間に厚生年金に加入していた期間があり、すでに退職していて(または65歳に到達して)年金額にその期間が反映されている方です。

なぜなら、厚生年金の支給額というものは「勤めていた期間」と「その間の給料&賞与の平均額」から計算されるのですが、現在の貨幣価値に換算するために再評価というものが行われます。

当時の報酬額に再評価率というものを掛けて算出するわけですが、その率は年度によって変わります。

最近は再評価率がマイナスとなることがあるため、保有する被保険者期間によっては支給額が下がることがあるのです。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.nenkin.go.jp/faq/jukyu/kyotsu/gakukaitei/20150415.html

その他の事情により年金額が変わる方にも送付される場合があります。

ちなみに、改定通知が送付される場合は振込通知書と一体になったハガキが送付されます。

昨年度分の改定通知書は再発行できるの?

直近の5年度分のものは再交付ができます。(改定があった年度に限る)

再交付の依頼先としては住所地管轄の年金事務所ねんきんダイヤルになります。

年金事務所に本人が行けばその場で再交付を受けることができる場合もあります。事前に電話で確認しましょう。(委任状があれば代理の方でもOK)

ねんきんダイヤルに依頼すると1週間~10日ほどで送られてきます。

まとめ

公営住宅に住んでいる方は市役所に提出するものとして「改定通知書」が必要な場合がありますよね。

他にも、身内の扶養に入るのに必要なこともありますね。

今年は送られてこない方が多いので、昨年度分を持っているなら金額が変わらない旨伝えて、それを提出すれば大丈夫でしょう。

持っていないなら再交付手続きをしましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

フォローする