年金生活者支援給付金ってどんな人がもらえるの?詳しく解説します!

ねぇお父さん、お母さんあてに「年金生活者支援給付金請求書」っていうものが届いたらしいけど、詐欺じゃないわよね?

そういえば最近テレビやラジオで宣伝しているね!

あら、そうなの? じゃあ詐欺の心配はないわね?

さすがに詐欺をテレビで宣伝しないだろうから、大丈夫なんじゃない?  ねぇ、ねんきん先生!

そうですね。いきなり「お金を支給します」なんて通知書が届いたら新手の詐欺じゃないかと心配になりますよね。でもご安心ください。「年金生活者支援給付金」は厚生労働省が2019年10月1日から施行するちゃんとした制度なんですよ。「年金生活者支援給付金」がどういう制度なのか詳しく見ていきましょうね。

 

年金生活者支援給付金とは?

 

「年金生活者支援給付金」とは消費税率引き上げ分を活用し、公的年金等の収入金額や所得が一定基準額以下の方に生活の支援を図ることを目的として、年金に上乗せして支給する給付金です。一時金としてではなく、要件を満たす限りずっと受け取ることができます

 

請求書を提出した後に支給が決定されると、初回は2019年の10月分+11月分の給付金が年金と一緒に12月13日に振り込まれます。(通帳には別々に記載される)

 

どのような人に給付される?

 

ザックリ言うと「老齢基礎年金」か「障害基礎年金」か「遺族基礎年金」を受給していて一定の要件を満たす方。

 

上記3種類の基礎年金を同時に受給することは制度上不可能なので、対象者となる場合はどれかひとつにだけ該当することになります。詳しくは下記の通り。

 

1.老齢基礎年金を受給している方の支給要件

 

①65歳以上で老齢基礎年金(=国民年金)を受給していること。

②同一世帯の人全員が市町村民税が非課税であること。

③前年の年金支給額とその他の所得の合計金額が879,300円以下であること。

 

以上3つの要件を全て満たしている必要があります。

前年の年金支給額に遺族年金と障害年金は含めません。企業年金基金からの支給額は含めます。

2.障害基礎年金を受給している方の支給要件

 

①1級か2級の障害基礎年金を受給していること。

②前年所得が4,621,000円以下であること。(扶養親族の人数により増額)

 

以上2つの要件を共に満たしている必要があります。

1級、2級というのは市区町村から発行されている障害者手帳の等級のことではなく、日本年金機構から支給される障害基礎年金を受給している場合の等級のこと。

3.遺族基礎年金を受給している方の支給要件

 

①遺族基礎年金を受給していること。

②前年所得が4,621,000円以下であること。(扶養親族の人数により増額)

 

以上2つの要件を共に満たしている必要があります。

 

いくら給付されるのか

1.老齢基礎年金を受給している方への給付額

 

前年の年金収入額とその他の所得の合計金額が(1)779,300円以下か(2)779,301円~879,300円以下かによって給付金の計算方法が以下の2パターンに分かれます。

 

(1)前年の年金収入額とその他の所得の合計金額が779,300円以下の場合は老齢年金生活者支援給付金として次の①+②+③の金額(月額)を給付。

①保険料納付済期間に基づく額= 5,000円 × 保険料納付済期間 / 480月

②保険料免除期間(全額免除、3/4免除、半額免除)に基づく額= 10,834円 × 保険料免除期間 / 480月

③保険料免除期間(1/4免除)に基づく額= 5,417円 × 保険料免除期間 / 480月

 

 

(2)前年の年金収入額とその他の所得の合計金額が779,301円~879,300円にある方には、補足的老齢年金生活者支援給付金として次の①の金額(月額)を給付。

(老齢年金生活者支援給付金の支給により所得の逆転が生じないようにするため。)

①5,000円×保険料納付済期間 /480月 ×(879,300円-前年の年金収入とその他の所得の合計額)/100,000円

 

保険料納付済期間には20歳~60歳間の厚生年金(共済年金)加入期間を含めます。

 

また以下の生年月日の方は480月を該当する被保険者月数に読み替えます。

生年月日被保険者月数
大正6年4月1日以前生まれ180月(15年)
大正6年4月2日~大正7年4月1日192月(16年)
大正7年4月2日~大正8年4月1日204月(17年)
大正8年4月2日~大正9年4月1日216月(18年)
大正9年4月2日~大正10年4月1日228月(19年)
大正10年4月2日~大正11年4月1日240月(20年)
大正11年4月2日~大正12年4月1日252月(21年)
大正12年4月2日~大正13年4月1日264月(22年)
大正13年4月2日~大正14年4月1日276月(23年)
大正14年4月2日~大正15年4月1日288月(24年)
大正15年4月2日~昭和2年4月1日300月(25年)
昭和2年4月2日~昭和3年4月1日312月(26年)
昭和3年4月2日~昭和4年4月1日324月(27年)
昭和4年4月2日~昭和5年4月1日336月(28年)
昭和5年4月2日~昭和6年4月1日348月(29年)
昭和6年4月2日~昭和7年4月1日360月(30年)
昭和7年4月2日~昭和8年4月1日372月(31年)
昭和8年4月2日~昭和9年4月1日384月(32年)
昭和9年4月2日~昭和10年4月1日396月(33年)
昭和10年4月2日~昭和11年4月1日408月(34年)
昭和11年4月2日~昭和12年4月1日420月(35年)
昭和12年4月2日~昭和13年4月1日432月(36年)
昭和13年4月2日~昭和14年4月1日444月(37年)
昭和14年4月2日~昭和15年4月1日456月(38年)
昭和15年4月2日~昭和16年4月1日468月(39年)

 

2.障害基礎年金を受給している方への給付額

 

障害年金受給者への給付額は以下の2通り。

 

①障害等級が2級の方:5,000円(月額)

②障害等級が1級の方:6,250円(月額)

 

3.遺族基礎年金を受給している方への給付額

 

遺族基礎年金を受給している方への給付額は以下の1通り。

 

①5,000円(月額)

尚、2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合は、5,000円を子の数で割った金額がそれぞれに支払われます。

 

「生活保護」を受給していても「年金生活者支援給付金」は給付されます。ただしその分「生活保護」に調整が入ることになります。

 

次の(1)〜(3)のいずれかの事由に該当した場合は給付金は支給されない。
(1)日本国内に住所がないとき
(2)年金が全額支給停止のとき(障害年金が一時差し止めとなっている時)
(3)刑事施設等に拘禁されているとき

 

まとめ

 

「879,300円以上あっても生活が苦しいのは同じなんだから全員に給付しなさいよ!」といった声が聞こえてきそうですが、財源が限られているからどこかで線引きは必要です。

 

遅れて請求しても今年中に手続きすれば10月分まで遡って支給されますが、来年になって請求すると請求月の翌月分からしか支給されません。請求書が届いたらできるだけ速やかに手続きしましょう!

 

NO IMAGE

基礎年金番号は変わることがある?基礎年金番号の桁数や調べ方について

今回は基礎年金番号についてのお話です。そもそも基礎年金番号とはどういうものなのか?また自分の基礎年金番号はどうすれば確認...

記事を読む

NO IMAGE

年金保険料はいつからいつまでいくら納めなくてはいけないのか?

今回は年金保険料を何歳から何歳まで納める必要があるのかについてのお話です!国民年金と厚生年金ではかなり仕組みが違いますので、詳しく見ていきましょう!年金保険料を納めていないと障害年金を受け取ることができないので、いざという時に困るのは自分ですよ~!

記事を読む

国民年金保険料をクレジットカード払いにするとメリットはあるの?

国民年金の保険料は通常、毎年4月初旬に送られてくる納付書を使い、金融機関やコンビニで現金で納めます。でも手続きすれば口座引き落としやクレジットカード払いに変更できることをご存知ですか?クレジットカード払いにするとポイントやマイルが貯まる場合もあるのでお得ですよね!

記事を読む

公的年金等の源泉徴収票はいつごろ届く?自分には送られてくるの?

毎年2月中旬から始まる確定申告。年金受給者の場合は年金の源泉徴収票が必要です。では公的年金等の源泉徴収票はいつ頃送付されてくるのか?また、どのような人に送付されるのか?今回は公的年金等の源泉徴収票について詳しく説明したいと思います。

記事を読む

年金を受給しながら働くと年金が減額される?在職老齢年金って何だ?

在職老齢年金とは「年金を受け取りながら厚生年金に加入して働くと給料の金額に応じて老齢厚生年金の一部もしくは全額が止まる」という仕組みです。「基本月額」+「総報酬月額」が65歳未満の方は280,000円を超える場合、65歳以上の方は460,000円を超える場合に超えた額の半分が支給停止されます。

記事を読む

年金の振込先口座を変更する方法は?変更のタイミングにご注意!

普段利用しているいないに関わらず、金融機関が「年金振込は当銀行で!」としつこく勧誘してきますよね。それ以外にも様々な理由から年金の振込先口座を変更する必要がでてくることがあります。今回は年金の振込先金融機関の変更手続きについて詳しく説明いたします。

記事を読む

年金の離婚分割ってどうやるの?合意分割と3号分割はどう違う?

「夫(妻)が長年会社勤めを続けてこられたのは妻の内助の功があってのことであるため、妻(夫)も配偶者と同等の年金を受け取る権利がある。」という考え方のもと制定されたのが「離婚時の年金分割制度」です。年金分割制度につい分かりやすく説明したいと思います。

記事を読む

年金からひかれる介護保険料や健康保険料が高くなったのはなぜ?

65歳以上の年金からは「介護保険料」や「健康保険料」、「住民税」が徴収されます。中には「前回の介護保険料は5,000円くらいだったのに、今回から10,000円になっているのはなぜだ?」と怒りにも似た感情を抱いた方もいらっしゃるのでは?これにもちゃんとした訳があります。

記事を読む

年金額改定通知書とは?改定通知書は毎年送られてくるの?

「年金額改定通知書」とは、法律の規定により、物価・賃金の変動に応じて年度ごとに年金額が改定されたときに、改定後の年金額をお知らせするものです。2018年度はほとんどの方には送付されません。なぜなら、今年度は年金額が据え置きとなったからです。ただし、一部の方には送付されます。

記事を読む