年金振込通知書が届かないのはなぜ?そもそもいつ送られてくるの?

シェアする

スポンサーリンク

みなさんこんにちは! けんたろうです。
今日は年金振込通知書についてお話したいと思います。

振込通知書って、
年金が振り込まれる前に毎回送られてくるハガキのことかな?

ええ、実は振込通知書は振込前に毎回送られてくるわけではありません。
では、どのような時に送られてくるのか詳しく見ていきましょう!

年金振込通知書はどういう時に送付される?

年金振込通知書が送付されるのは以下の3パターンに該当する場合だけです。

1.<毎年6月の定期支払いの時>

毎年4月は年金額の見直しが行われるため、4+5月分が振り込まれる6月の定期支払時には受給者全員に全種類の年金の振込通知書(+改定通知書)が送付されます。

例えば「老齢年金」と「遺族年金」、「障害年金」など2種類以上の年金を受給している人には年金の種類ごとに数枚の振込通知書(+改定通知書)が届きます。

どの種類の年金に関しての通知書なのかは「年金コード」で判断できます。

「年金コード」というのは基礎年金番号の後に続く4桁の数字で、年金証書や振込通知書、改定通知書、支給額変更通知書などに記載されています。

以下の表が主な年金コード表です。

1150(老齢年金)+1450(遺族年金)の組み合わせや1150(老齢年金)+2650(障害年金)といった組み合わせで受給している方も多いでしょう。

また旧法の老齢年金は「国民年金」と「厚生年金」が別の扱いになるので、0520(老齢基礎年金)+0230(老齢厚生年金)といった組み合わせの人もいます。

2.<前回送付の振込通知書に記載の支払い予定額が変更になる時>

前回届いた振込通知書に記載されている今後の支払い予定額に変更が生じる場合は改めて振込通知書が送付されます。

例えば65歳以上の方で年金から徴収されている「介護保険料」や「国民健康保険料」「後期高齢医療保険料」、「住民税」の金額が変わる場合は振込まれる年金額も変わるので、あらためて年金振込通知書が送付されます。

また2種類以上の年金を受給している場合、振込額が変わる方の通知書だけが送付されます。

例えば「老齢年金」の振込通知書だけが届き、「遺族年金」の方は届かないといったことも起こりえます。

スポンサーリンク

3.<振込先の口座が変更になった時>

年金の振込み口座の変更手続きをした場合、振込み口座が変更になる振込み月に送付されます。

口座変更したのを忘れて、前の口座の通帳に入金されていないからと焦らないようにしてくださいね!

年金振込通知書はいつ送付される?

基本的に、年金振込通知書は振込み月の10日前後に届くように発送されますが、郵便事情によって振込日当日を過ぎることもまれにあるようです。

焦らずに待つことをおすすめします。

「届かないということは振込がされないんじゃないのか?」と不安になるかもしれませんが、「年金振込通知書が届かない=振込がされない」ではないということは覚えておいてください。

ただし、いつまでたっても年金振込通知書が届かない時はねんきんダイヤルや年金事務所に問い合わせしてみることをおすすめします。

例外的に年金振込通知書が送付されない方

1.<年金を担保に融資を受けている方>

年金を担保に融資を受けておられる方の年金は、先に返済金が差し引かれてから残りが振り込まれるので年金振込通知書の金額と相違することになります。

そのため、混乱を招かないように年金振込通知書は送付されません。

2.<ご自分で通知書の送付を止めている方>

何らかの事情で一切の通知物を送られないように設定している場合は当然、振込通知書も届きません。

まとめ

何回も同じことを言って申し訳ないですが「年金振込通知書が届かない=振込がされない」ではないということを覚えておいてください。

でも最近は特殊詐欺などに使うことを目的に盗まれることも考えられるので、心配ならねんきんダイヤルに自分の振込通知書が発送されているか問い合わせるといいでしょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

フォローする

コメント

  1. TH より:

    共済年金の受給者です。 昨年までは6月の上旬に「改定通知書」が送付されてきました。 今年はまだ到着していません。 いつ頃 来るのでしょうか?
    あるいは、4月と同額が支払われるということでしょうか?

    • THさん、コメントいただきありがとうございます。
      改定が行われるのは4月分からであり、4+5月分が振り込まれる6月に送られてくるのは間違いありません。
      ただし、例外的に個人的な理由で5月に支給額に変更があったりした場合は発行されないことがあります。
      そういったことが無ければ6/15までには届くはずなので待つしかないでしょう。
      郵便事情によっては6/15を過ぎてしまう可能性もあります。
      心配なら、ちゃんと発送されているか共済組合のコールセンターに問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

  2. 井上 より:

    井上と申します。
    「特別支給の老齢厚生年金」だけを受け取る申請を数か月前に行い、
    失業給付が終わったあとその金額が振り込まれる封書がやっと届きました。

    問題は別のハガキも送られてきたことです。
    「年金振込通知書」なるものも、送られてきました。@_@;
    先の申請の際に念を押したはずなのに・・・
    まだ早すぎます、手違いで年金が減らされたらたまったものではありません。
    今日は祭日なので>_<、明日スグ年金事務所に問い合わせるつもりです。
    金曜振り込まれるって書いてるから・・・まだ取り消せるかなあ>_<

    • 井上さん、コメントいただきありがとうございます。

      >先の申請の際に念を押したはずなのに・・・
      これはどのような事を話されたのでしょうか?65歳からの年金を繰下げしたいということでしょうか?

      詳細が不明ですが、最近65歳になられて初めて年金請求をしたのであり、
      「特別支給の老齢厚生年金」だけを受け取り希望で、65歳からの年金を繰下げ希望だったということでしょうか?

      その場合は「繰下げ意思確認書」という書類で繰下げることを申し出ているはずなので「特別支給の老齢厚生年金」だけが支給されて、
      65歳以降の分は繰下げ請求手続きをするまでは支給は開始されません。

      もし65歳からの年金を繰下げ希望だったのに繰下げになっていないのであれば、
      支給開始の「決定通知書」が到着後、概ね3か月以内なら取消が可能です。

      いずれにしても、「特別支給の老齢厚生年金」の請求手続きを完了したのであれば、失業給付との調整にかからない分は支給がされますよ!
      「特別支給の老齢厚生年金」を受け取っても本来の年金額が減ることはないのでご安心を!

      ちなみに「振込通知書」に厚生年金額だけが印字されているなら、それは「特別支給の老齢厚生年金」なので井上さんの希望通りになっているはずです。

      厚生年金と基礎年金にの両方に支給額が印字されていれば、それは65歳以降の年金になるので、繰下げ希望なら取消の手続きが必要です。

  3. 井上 より:

    井上と申します、先日書き込みしました「年金振込通知書」「特別支給の老齢厚生年金」の件ですが・・・。
    「年金振込通知書」に書いてある電話番号に連絡とりましたところ、
    私の早とちりだったようです、すみません。

    「特別支給の老齢厚生年金」申請時に、「繰り上げを希望しない」と申請、
    つまり受取を遅らせて、繰り下げ=増額するつもりでした。
    失業給付も終わりました。

    要するに「特別支給の老齢厚生年金」そのものが6分割されて年金同様に支給されるらしいです。
    6分割される話が私の意識の中にありませんでした。
    そのための「年金振込通知書」だったということで、安心しました。

  4. TI より:

    御多忙の中恐れ入ります。先月中旬頃年金繰上げ受給の申請を行い、受理されました。
    今月から振込まれるとの回答を得たのですが、もし振り込み確認が出来なかった場合、何処に確認したら良いのかを御教示頂きたいと思いメールを送らせて頂きました。
    何卒宜しく御願い申し上げます。

    • コメントありがとうございます。

      その場合は所轄の年金事務所か年金ダイヤルに問合せしましょう。

      その時は必ず本人が基礎年金番号を用意して電話してください。