国民年金保険料をクレジットカード払いにするとメリットはあるの?

シェアする

国民年金の保険料は通常、毎年4月初旬に送られてくる納付書を使って金融機関やコンビニで現金で納付します。

でも手続きすれば口座引き落としクレジットカード払いに変更できることをご存知ですか?

クレジットカード払いでポイントやマイルが貯まればお得ですよね!

今回は国民年金保険料をクレジットカード払いに変更するための手続き方法と注意点についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

国民年金保険料をクレジットカード払いに変更する手続き

1.支払いに使えるクレジットカード

2019年1月現在、国民年金保険料の支払に使用できるクレジットカードは以下の通り。

使用できるクレジットカード

1.アメリカンエキスプレス 2.イオンクレジット 3.NC日商連 4.OC
5.Orico 6.セゾン 7.JCB 8.セディナ 9.ダーナースクラブ 10.ジャックス
11.東急 12.トヨタファイナンス 13.日専連 14.三井住友 15.Master
16.三菱UFJニコス 17.UCS 18.ライフ 19.楽天 20.UC 21.VISA

2.手続き方法

国民年金保険料をクレジットカード払いに変更するときは「ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」を住所地管轄の年金事務所に郵送するか窓口に提出します。

<添付書類>
申出書には「マイナンバー(個人番号)」か「基礎年金番号」を記入。
「マイナンバー(個人番号)」を記入する場合は「マイナンバー通知書の表面のコピー」+「顔写真付き身分証明のコピー(免許証など)」、もしくは「マイナンバーカード両面のコピー」の添付が必要。

*カード名義人が本人、配偶者以外の場合は合わせて「国民年金保険料クレジットカード納付に関する同意書」の提出が必要です。

<手続きの前に知っておきたいポイント>

・クレジットカードの種類によってはポイント対象外の場合がある
・クレジットカード払いに「早割り(50円割引き)」はない
・支払回数は1回のみで、分割払いやリボ払いはない
・前納割引率は現金納付と同じ。口座引き落としの方が割引額が大きい
・半額免除など、一部免除の保険料納付はできない
・過去分の保険料の納付はできない

手続き後の流れ

パターン①

手続きが完了すると「国民年金保険料クレジットカード納付のお知らせ」と「国民年金保険料クレジットカード納付額通知書」が一緒になったハガキが届きます。

このハガキで何月分の保険料がいついくら立替納付されるのか分かるようになっています。

パターン②

もし何らかの理由で手続きが完了しなかった場合は「クレジットカード有効性確認結果のお知らせ」が届きます。

こちらのハガキが届いた場合は申出書に記入したクレジットカードが「有効期限切れ」や「限度額超過」といった理由で使用できないということになります。

原因がわからない時はクレジットカード会社に問い合わせるか、別のクレジットカードで再度の申し込みが必要。

クレジットカード払い手続きが未完了の場合で今までが口座引き落としだった場合は引き続き口座引き落としされます。

立替納付日

立替納付日は保険料の納付方法によって以下の通り異なります。

立替納付日保険料額割引額
毎月納付当月末日16,410円なし
半年前納(4~9月分)4月末日97,660円800円
半年前納(10~翌年3月分)10月末日97,660円800円
1年前納(4~翌年3月分)4月末日193,420円3,500円
2年前納(4~翌々年3月分)4月末日380,880円14,520円

※保険料額は2019年度の額。

<前納を希望するときの注意点>

①4~9月分の半年前納を希望する場合は2月末日まで、10~翌年3月分の半年前納を希望する方は8月末日までにそれぞれ申し込みが必要

(2月末日までに間に合わなかった場合は9月まで、8月末日までに間に合わなかった場合は翌年3月まで毎月納付の取扱いとなる)

②1年前納または2年前納を希望の場合は2月末日までに申し込みが必要
(間に合わなかった場合は、翌年3月まで毎月納付の取扱いとなる)

③2年前納を希望の場合で「国民年金基金」の納付委託者は1月末までに基金に「納付委託取消の届」が必要

利用残高不足で立替納付ができなかった場合

クレジットカードの利用可能残高が不足していて立替納付ができなかった場合の納付方法は以下の通りです。

①毎月納付の場合

立替不能月分の納付書が翌月の中旬頃に届くので現金で納付。翌月分以降は引き続きクレジットカード払い。

②半年前納の場合

4月分(もしくは10月分)の納付書が翌月中旬頃に届き現金納付。次の半年前納開始月(10月/4月)まで毎月クレジットカード払い。

③1年前納の場合

4月分の納付書が5月中旬頃に届くので現金納付。5~翌年3月分までは毎月クレジット払い。翌年4月分から再び1年前納となる。

④2年前納の場合

4月分の納付書が5月中旬頃に届くので現金納付。5~翌年3月分までは毎月クレジット払い。翌年4月分から再び2年前納となる。

クレジットカードの有効期限が更新された時はクレジットカードの種類によって申出書の提出が必要な場合があるので、住所地管轄の年金事務所に問い合わせが必要です。

クレジットカード払いをやめたい時

クレジットカード払いをやめたい時は「ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。国民年金保険料クレジットカード納付辞退申出書」を住所地管轄の年金事務所に提出します。

厚生年金や共済組合に加入した時や第3号になった時、もしくは60歳に到達した時はクレジットカード払いは自動的に終了します。

国民年金保険料の納付におすすめのクレジットカード

僕がおすすめするクレジットカードは年会費無料で使い勝手のよい楽天カードです。

楽天カードは国民年金保険料の支払いもポイント付与の対象です。楽天Edy機能付きカードなら貯めたポイントをチャージしてコンビニなどの支払いに使うことができて便利!

楽天カードについて詳しく見てみる

ポイント還元率は1%なので、2年前納すると前納割引で14,520円+ポイント還元分3,800円なので合計で18,320円の得になります。

口座振替で2年前納の場合は15,760円の割引なので、それよりも更に2,560円もお得ということになります。

まとめ

クレジットカードによる前納割引額は口座引き落としよりも少なくなりますが、ポイントやマイルが貯まる場合があるので一概にどちらがお得とは言えません。

クレジットカード払いの申し込み手続きをする時は、国民年金保険料の支払いで「ポイントが付くのか」、「付く場合は還元率は何%なのか」、「手数料はかかるのか」などの詳細を事前にクレジットカード会社に問い合わせしておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

フォローする