年金受給権者の現況届って提出は不要?出し忘れたらどうなる?

シェアする

おとうさん、そういえば最近現況届って届いてないわよね?

何を言っとるんだかあさん、もうここ何年も届いてないぞ。

そうだったかしら?

わしが言うんじゃから間違いない!

スポンサーリンク

「年金受給権者現況届」とは?

「年金受給権者現況届」(以降「現況届」)とは年金を受け取っている方が健在であることを確認するために送付される書類のことです。

以前はハガキタイプのものが送付されていましたが、平成29年2月以降は封書で送付されています。

誕生月の初旬に送付され、その月末までに返送する必要があります。

期限までに提出しない場合は一時的に年金の差し止めが行われます。

現況届はどのような人に送付される?

実はこの現況届、以前は受給者全員に送付されていましたが、現在送付されるのは一部の方のみです。

それは、主に住民票コードが収録されていない方です。

受給者の登録情報に住民票コードが登録されていれば「住民基本台帳ネットワークシステム」により生存確認ができます。

死亡した場合は市区町村に届を出すので、やはり「住民基本台帳ネットワークシステム」を通じて日本年金機構にその情報がいきます。

受給者本人が死亡したにもかかわらず、遺族が虚偽の申請をして年金をだまし取るという事件が起きたため生存確認の方法が変わったのですね。

現況届が送付されない方をまとめると以下の通りです。

1住民基本台帳ネットワーク(個人番号情報)を活用して確認ができる方
2年金の全額が支給停止となっているとき
3年金証書に記載されている年金の支払いを行うことを決定した年月日から、次に来る誕生月の末日までの期間が1年以内であるとき
4全額支給停止となっていた年金が、受けられるようになってから1年を過ぎていないとき
(在職老齢年金の仕組みにより全額支給停止となっていた年金が、標準報酬月額の低下や退職によって受けられるようになった場合を除く)

(引用元:日本年金機構HP)

加給年金の対象者が居る場合はこっちのタイプが送付されます。

住民票コードの収録手続きは必要?

今まで必要だったのは「住民票コードの収録」でしたが、平成30年からは「マイナンバー(個人番号)の収録」が必要になります。

住民票コードが収録されている方は、自動的にマイナンバー(個人番号)と紐づけされるので手続きは不要です。

住民票コードが収録されていない方には平成29年2月以降、現況届兼個人番号申出書が送付されています。

この書類にマイナンバー(個人番号)を記入して、マイナンバー通知書やマイナンバーカードのコピーを添えて提出すると、マイナンバーが収録されます。

国外に居住している方や諸事情により日本に住民票登録が無い方の手続きに関してはこちらをご覧ください。

マイナンバーが収録されると何か変わるの?

マイナンバーが収録されると以下の通り、いくつかの手続きが不要となります。

1.引っ越しした場合の住所変更届の提出。
(ただし、情報が反映されるまでに1か月近くかかる。)

2.急いで死亡の届出を提出。
(市区町村より死亡情報が届く。それにより遺族による死亡届を急いで行う必要が無くなる。)

3.生存確認。
(現況届の提出。)

まとめ

数年前に個人情報の流出事故が起こったため、日本年金機構での個人番号の取扱は延期されていました。

やっと今年になって個人番号の取扱ができるようになりました。

ところが、「平成30年分扶養親族等申告書」では、マイナンバーの記入が必要となり書式が大きく変更されたうえ、委託業者の再委託問題でひと騒動起こってしまいました。

何か新しいことを始める時に問題が起こることは仕方のないことだとしても、日本年金機構は問題を起こしすぎですね。

それでも、マイナンバーを登録することにより手続きを簡略化できるのはありがたいことです。

できれば、みなさんもマイナンバーを登録しましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

フォローする